フィリピンで会社設立 | A1 フィリピン海外進出のメリット

日本国内のIT系の業務を、中国、インド、ベトナムなどの海外へアウトソーシングすることは、もはや珍しいことではなくなってきました。円高もあいまって、依然として日本との人件費の差は大きく、日々、コストダウンを強いられる企業にとっては無視できない存在です。

フィリピンは、なぜかITの海外アウトソーシング先としては、マイナーな存在ではありますが、これから拠点を作ろうとするならば、中国でもなく、ベトナムでもなく、フィリピンが最適であると考えます。
その理由は、

  • 英語が通じる
  • 人々の性格がよい
  • 100%子会社が可能

という理由によるものです。

英語が通じることの威力は絶大で、自分のスタッフのみならず、タクシーに乗っても、買い物をしても英語で全ての用事が済ませられるということは、たいへん大きなアドバンテージです。

また、フィリピンの人々は、たいへん性格がよく、いつもニコニコしています。職場の雰囲気が、大変明るいです。
多くの駐在員は、フィリピン滞在中は何かと不平不満を言いますが、帰任するときには涙を流して別れを惜しみ、日本へ帰国後も、長期の休みを見つけてはフィリピンに遊びに来るという人が多いのも、人々の性格のよさが理由なのだと思われます。

他のアドバンテージとしては、日本から地理的に近い、大卒者が多いなどという点があげられますが、上記2点に比べれば、さして大きなメリットではありません。